サブシステム

tominxanadu2006-12-20

 久々に、オーディオネタ。サブシステムは、DVDを観る時に使う目的で導入しましたが、実際にはマルチ・アンプを採用することでもアンプを使用しております。
 
DVD :Panasonic DVD-A7
AV Amp :YAMAHA DSP-AX2200
SP :Fostex FE 103E+FW 127(自作バスレフ)

表と裏にそれぞれユニットが付いております。どちらも鳴らしっぱなしの、ネットワークなし。並列で見かけ上のインピーダンスは4Ωとなりますが。FE103シリーズは長い歴史があり、実績もありますが、これはそのモデルチェンジして直ぐの頃に製作した記憶があります。本当はFE108Σを当初着けましたが、全く合わずに安い方のFE103Eに換装したと言う経緯があります。バックロードホーン向けのFE108Σはハイ上がり過ぎて、中抜けを起こしてしまいます。適材適所という言葉がピッタリで、FE103Eに換装して正解でした。FE103シリーズも低音が出にくいタイプだと言う説がありますが、エンクロージュアーの設計次第だそうで。しかし、ワタクシは小型のウーファーと組み合わせることで解決しております。
 メインのSPと比較してみるとレンジ感が全く違いますが、深夜にこれだけで聴いて寝床に就くとこれはこれでありかも?と思ったりもします。神経質な音がしない分、寝るのには最適なんでしょう。しかし、DVDを観るのにはもう少し細かい音が出てくれたほうが良いような気もしますが、観ていると気になりません。