新宿に再び集結

ゴボウの唐揚げ&エリンギのテンプラ

 昨日は、ぽぱいさん主催の新年会。昨年末行われた忘年会の時のメンツからプラマイ1で人数は変わらず、7名の精鋭達(←何が?)。
 日曜日のそれも夕方17:00からということで、朝起きてビールをプシッとばかりに開けて、PCに向かいながら理想的な休日の朝です。前日購入してきたSPのユニットをエンクロージュアーに取り付ける作業をしながら、カッターで人差し指に切り傷を作り、ハンダゴテに誤って触れて中指を焼き、とどめは、遅めの昼食に味噌煮込みうどんを作ろうと、具材である玉ねぎを切ろうとしたら。
 その朝、たまたま切れ味の悪くなっていた包丁を軽く研ぎ直し、スッパリ切れる包丁で親指の先を軽くタッチ。もう左手はボロボロです。
 それでも、出来は悪くなかったので、ヒリヒリする手でバンドエイドを貼り付け、新宿に向かいました。
 家を出たのが遅くなったのですが、両国駅まで歩き、御茶ノ水駅で快速に乗り換え予想よりも早く新宿に到着。会場の世界のやまちゃんに着く時、丁度見慣れた赤いダウンジャケット。狭い階段を上って案内された部屋にはもう半数近く集まっていました。初めてのイズミサンとご挨拶をして、程なく全員集合。ドリンクを注文する時に、ワタクシと、ぽぱいさんは既に自主的に0次会を開催。まだ混雑する前のお店は貸切のように、注文するものがスピーディーに運ばれてきて、なかなか快適です。今回は、前回と同じお店でやっているせいか、あまり皆さん写真を撮ることにこだわらず、一気に話が盛り上がったり。片やパチンコの話をしているかと思えば、料理の話をしたり、煮込みの話で盛り上がれば、副乳の話でヒートアップしたり、過去の若い頃の写真で盛り上がったり。やはり初対面というよりも二回目での気楽さがあったのか、あっという間に二時間は経過しましたが、前回と違いお店の方も追い出しに掛かって来ないので、結局三時間の滞在。それでも早くから始めてまだ20:00ということで一旦帰ると言った人もそのまま2次会に。どういう話の流れからかカラオケに行くことになりまして。
 到着するともう懐かしの曲連発!一気に昭和に戻り、青春時代に戻ります。コチラもシャレでひばりを。引くに引けなくなって、その路線で突き進みましたが、nanbuさんは意外にも一番現代的な選曲。またそれがハマッていたり。Yochyさんの歌の上手さもビックリ。桜田淳子が復活したり、西城秀樹が熱く歌えば郷ひろみも若さ全開!長渕が聴かせて、甘い記憶を松田聖子が語るかと思えば、いるかは雪を名残惜しそうに。ビューティーペアーも再結成されて、サザンとMr.チルドレンも大合唱な夜なのでした。