群馬・水上レイブパーティー&キャンプ

レイブ会場のティーピー

 群馬の山奥でレイブのイベントがキャンプ場で行われていると、教えてもらっていたのですが、この週末行われるというので行ってみませんか?と教えてくれた友人からのお誘い。この人、去年もGWに一緒にキャンプをした人で、ワタクシがバイクの免許を取る直接の影響を与えてくれた人です。
 
 ウィキペディアによると
レイブ(英: rave)とは、ダンス音楽を一晩中流す大規模な音楽イベントやパーティーのことである。毎週決まった場所で行われるクラブイベントなどとはことなり、屋外や特別な会場で行われる、一回限り(もしくは年一回など)のイベントであり、また規模も通常のクラブより大きい事が殆どである。レイブの語源は、ロンドンのジャマイカ系移民のスラングでパーティーを意味している。 

フルムーンレイブパーティ
 しかし、コチラは今週の土曜日は出勤、先方は休みでラフティングをやっていると言うので、後追いすることにしました。
 バイクに荷物を積み込んで出勤、15:00に早退して、平井大橋入口から首都高に乗り、一路北へ。通常首都高〜外環〜関越道といくところ、19:00までに着けばいいかなぁと、漠然と考えていたので東北道・佐野ICで降りて国道50号線で伊勢崎のところから前橋市街地を大きく迂回するように渋川方面に抜けようという作戦です。
 浦和を抜け順調に高速を走って行くと羽生ICを過ぎたところでトラブル発生!
 ミラーを見ると、何やら白いものが後ろに飛んで行きます。
 
 ?c(゚.゚*)エート。
 
 それも自分の後ろから。一瞬理解できませんでしたが緊急停止。ちょうどSAの入口を過ぎたところです。停車して降りてみると、何の原因かわかりませんが荷崩れを起こし車体の左側に、荷物が落っこちてチェーンのところでバッグが引っ掛かり中のシュラフまで切れてしまったのです。それで後方にダウンが飛んで行ったんですね。後で撮った写真です。ブルーシートで穴を塞いでおります。垂れ下がった荷物を解き中を改め、応急処置をして再出発。佐野・藤岡ICを降り、足利で給油。桐生、大間々、伊勢崎と進み、右側の山方向に進路を変えて県道をひた走ります。
 渋川に向かう途中、前橋市の北部で買い物。友人に電話すると、キャンプ地は19:00を過ぎるとバイクでは行けなくなるというので担いで上がっていくのは大変そうだと言うことで、スピードアップ。手早く買い物を済ませ、赤城ICから高速に乗り水上IC着。高速でも40Kmほどあり使って正解でした。
 
 落ちて行く夕陽を追いかけるようにしてようやくキャンプ地を発見、イベントのPAが搬入され、テントもその周りにあり和やかな雰囲気で、通り掛かる参加者は気さくに皆、挨拶をしてくれます。とんでもない山奥なので、携帯の電波も入らなくて、連絡がつきません。しばらくたってから友人と合流。砂利道を上って友人お勧めの場所にテントを張る頃にはもう真っ暗。それでも設営して、火を熾すと人心地がつきます。21:00がイベントのスタートなのでそれまでゆっくり飲みながら夕食をとります。