神田立ち飲み三昧

ぶりづくし¥300@かん田 新月

 金曜日はいつものように仕事上がりに諸用を済ませて神田へと赴き新月さんで一杯引っ掛けることにしました。外のビニールシートで仕切られた座席の方は近所の神田外語学院系の人々が占めていましたが、中は快適に空いておりました。もちろんワタクシはマスターの目の前の特等席で立ち、でございます。

 この日の黒板はこんな感じ。いつもながらブレブレで酷いものですが。考えてみればいつもズームにして撮るのでブレてしまいます。今度から普通に撮ってトリミングいたしましょう。

 刺身三点盛り¥650は基本的にお任せなんですが、この日は希望の物を聞いてもらえました(嬉)。ここら辺はサブブログの方でも書いたのでダブる読者の方もいらっしゃるかと思いますが、ハナダイ、アジのなめろうと、ブリ(正真正銘)の盛り合わせです。まだブリは旬ではないのでは?と思ったのですがそうでもないそうです。普段このお値段では提供できるような代物ではないのですけれども、裏事情を聞くとお客さんが釣り上げたブリが大きすぎてとても素人の手に負えるものではないので、マスターが捌きをする代わりに4分の1の身を提供してもらったとのこと。納得です(^-^)ゞ

 ということでブリづくし¥300。内容を聞くと普通のキッツケと炙りと・・・とのことでしたのでてっきり刺身で一切れずつかと思っていたら握りでした。この日はお腹が空いていて食べる気満々でしたので嬉しい誤算。すると、入ってきたお客さんが知っているお顔。先週sawaさんに誘われて新橋にハルキさんの誕生会でお会いしたシバ姉さんとホッケさん。ホッケさんはお顔だけ知っていたのですが、ここの新月さんとの付き合いのお話をすっかりご存知で・・・(^_^;)。
 そしてもう一方(ひとかた)顔馴染みの方もお見え。皆さん飲み仲間が勢ぞろいです。ブリづくしではもう一つ、カマトロの軍艦。これが大変に美味しくて、後で追加発注(¥100!)は必至でした。
 後から来た方はお忍びでサク飲みの予定だったのでスルリと飲んで帰られ、我々はホッケさんに誘われて南口方面に向かいました。何でもワインのお店だそうです。

 Vinosityというこちらのお店、かなりの人気店で我々が階下に降りていくも、店内はぎっしり。出るお客さんもあるので入れるのでは?と尋ねると予約で一杯だそうです。酒屋さん直営のお店のようです。
 この入口の樽の所で立ち飲みが出来るとのことでした。この日はそれほど寒くも無いのでここで飲むことにしました。

 メニューはこんな感じ。ワタクシがいつも訪れるようなお店とは一味も二味も違いますね。久しぶりに洋食系のツマミを楽しむことにしましょう。知っている名前をチョイスして(^_^;)。

 まずはこちらの名物という、こぼれスパークリングワイン¥600〜。ワタクシとシバ姉さんは白、ホッケさんは赤をチョイス。赤は微炭酸ながらきちんと発泡です。フルートシャンパングラスになみなみと注がれるのは壮観です。

 バーニャカウダ。新鮮な野菜が綺麗に盛りつけられ、アンチョビ入の優しいソースをつけて頂きます。

 ポークリエット¥500。いわゆるパテですね。豚の臭みはなく好印象。パンと共に食べます。出入りはあるもののなかなか席は空かず結局立ち飲みでオシマイ。追加のワインもなかなか来なかったので次に皆共通のふぃがろ亭へ移動することに。もうしたたかに飲んでいたし、食べていたのでのでここではチューハイを2杯飲んだだけ。なので写真はナシ。シバ姉さんが帰りの時間があるというので淡路町までご一緒しそこで解散立ち飲み3軒連チャンの夜でした。